高校受験 私立 公立 国立の違い

高校受験 私立 公立 国立の違い

私立 高校 の 受験 も場合、完全中高一貫校となって、高校

からの外部入学者の募集をせず、併設中学校からの内部進学

のみとする学校もかなり多く存在します。いわゆるエスカレ

ーター式と言進学システムで 高校 受験 をせずとも、進学で

きることになります。中高一貫教育を実施している中学校や、

中等教育学校の場合は、併設の高校もしくは後期課程にほぼ

無試験で進学できる場合が多いので、他により魅力のある学

校がない場合はそのまま内部進学することが多くなります。

(外部受験をすると、落ちた場合でも内部進学資格が消滅す

る場合もあります)。この高校受験をしなくてすむという点が

中高一貫校のメリットでもあります。

公立 高校 の 受験 では、学習者本人(実質的には保護者)

の住所によって通える高校が厳密に指定されています。これ

を学区制といい、近年、徐々に学区の範囲は広がっており、

高校の選択肢は増えています。また普通科以外の場合は学区

制限がゆるい場合もあり、一例として東京都、神奈川県等一

部、広島県全ての公立高校は学区が完全に撤廃されています。

通信制高校の学区はかなり広くなります。

国立 高校 の 受験 では、学区をかなり制限している場合(筑

駒、名大附属など)も、ほとんど制限がない場合(学附、広大

附属など)も両方あります。私立高校ではあまり厳密な学区制

限はない場合が多いようです。
posted by ティーチャーK at 14:24 | Comment(28) | TrackBack(4) | 日記

高校受験のための塾の見抜き方

高校受験のための塾の見抜き方

高校受験を控え、塾選び も様々な観点があると思います。

料金も気になるし、設備が整っているか、制度はどうなのか、

場所は近いのか・・・ただ、確実にいえるのは、上記の観点

も必要ですが、実際に学ぶ生徒さんが伸びていける環境か

どうかが大切なのです。では、「伸びていける環境」とは何

なのでしょう。授業内容はもちろん、「その授業自体を好き

になれるか」ここがポイントです。そのためには、先生の人間

性が第一です。塾選びには、先生の人間性が大きなポイントに

なり、生徒が伸びるかどうかの「鍵」になるのです。

志望校選びの際も、子供だけに任せておくと、「校舎がきれい」

とか「制服がかわいい」など、偏った観点から決めがちです。

そこは、子供の意見もうまく取り入れながら、ご両親がしっかり

と導いてあげましょう。
posted by ティーチャーK at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

大学受験に繋げる高校受験として塾を選ぶ

高校受験競争を勝ち抜くためには、早期からの対策が必要です。

高校受験はもちろんですが、中学1年生からすでに大学受験

に向かって進んでいるのです。

どんな受験対策があるの?

いくらやる気があっても、正しい対策を練っていかないとなかなか厳

しいのが現状です。

家庭教師から塾、予備校、それとも独学?良い選択するための情報を

紹介します。

数多く点在する塾ですが、「どの塾を選べば良いのか分からない」

確かにこのような、質問が多いのも事実です。高校受験、大学受験

を見据えた上で、塾選びのポイントを紹介します。

中学生の時期から高校受験はもちろん、大学受験まで見据えた受験

勉強、塾選びに特化した情報サイトです。

中学生、特に中学1年生のご両親や生徒に向けて、高校受験の対策法

や価値ある情報を紹介します。本人の個性に会った塾を選ぶことで、

確実に実力を伸ばせるはずです。また、信頼できる指導者を得ること

で、楽しんで学習できます。それこそが高校受験、大学受験を勝ち抜

くための、「秘訣」なのです。
posted by ティーチャーK at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

高校受験の現状

高校 受験 の現状としては、現在の日本では、進学率が高く、

多くの中学生が高等学校や高等専門学校を目指しています。

しかし、定時制高校、専修学校高等課程など、あまり知名度

がない校種・課程の進学人気が低いのも現状です。

高校 受験 は、大学入試と違い、一部の県を除き、基本的には

浪人するという通念はあまりないといえます。一方で1時制の

高校 受験をあえて選ばず、通信教育で高校卒業の資格をとる

2003年の統計では、中学校卒業者の97.3%が高等学校・中等

教育学校後期課程・高等専門学校・盲学校高等部・聾学校高等

部・養護学校高等部に進学している。このうち通信制への進学

者を除いた、中学校卒業者に対する割合は96.1%です。都道

府県別での最高は石川県で98.6%、次点は富山県で98.5%、

最低は沖縄県で94.9%になります。

特に中高一貫校や通信制高校など、入学試験のない高校もある

ため、上記数値の全員が 高校 受験 をしたわけではないといえ

ます。

この 高校 受験 ナビ には、高校受験のための優秀な進学塾

家庭教師の情報も掲載しておりますので、お役立て下さい。
posted by ティーチャーK at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

高校受験 不合格者の受け皿

高等学校は義務教育ではないため、必ずしもすべての学生が

希望の高校に進学できるわけではなく、学力が伴わない場合

には、進路変更(就職、専門学校進学など)、あるいは「中学

浪人」となる場合もあります。

しかし、「15の春を泣かせない」

とのスローガンのもと、希望者の高校進学率を100%にしよう

とする動きが1960年代に全国的に高まった。その目標がほぼ

達成された結果、現在では中学浪人は稀で、学力的にかなり不

十分である生徒であっても、偏差値的に下位の公立高校、私立

高校(いわゆる底辺校・教育困難校)や、定時制高校、通信制

高校などへは入学が可能であり(通信制高校は一般に全入)、こ

れらの学校が、不合格となった生徒の実質的な受け皿として機

能していると言えます(ただし、公立高校や私立高校などでは、

最近は定員未満でも「足切り」して不合格にするケースが目立

っています)。

しかし、これらの「受け皿」校では、進学後の学習意欲に欠け

る生徒が多いため、進学後短期間で高校を中退する率も高くな

ります。また、通信制高校に入学した場合は、通信制サポート

校にも併せて入学する場合が多い(「サポート校」は自校を卒業

すれば高卒資格が得られると謳っているが、実態として高卒学

歴を与えることができるのは通信制高校の方であり、サポート

校自体は学籍に何ら寄与しない)。ただ現実問題として通信制の

高校は中退率が高いことから、サポート校に通ってモチベーシ

ョンを高めるというのもそれなりに意味があると思われます。



また地域性として、秋田県・福島県・長野県・富山県・熊本県

などの一部では、出身大学ではなく、出身高校ごとに学閥が形

成される傾向があるため、中学浪人してでも名門高校に進学し

ようとする生徒が存在します。そうした生徒のための全日制の

高校受験予備校も存在し、また、出身中学校でも一定の支援体

制を整えている場合が多くあります。



また、高等学校卒業程度認定試験(高認)を受検して、高等学

校に進学することなく、高等学校卒業程度の学力が必要な資格

(大学進学、国家試験受験)を得る人もいます。(ただし、高

認合格者で、高等学校在籍経験がない場合は、集団生活適応

力の欠如の疑い等により、一般企業の高卒対象者の就職試験

の資格がなかったり、高卒対象者の就職選考に洩れる第一

要因になるケースが生じている。)なお、司法試験1次試験は、

大学2年修了程度の学力を検定するが、これにより、高校卒

業や大学入学資格が認定されるわけではないです。
posted by ティーチャーK at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

高校受験 入試制度

今回は、高校受験 入試制度について

日本の高等学校では、入学資格がある志願者を対象に、学力検

査や、内申書(調査書)などの成績を資料とする、入学者の選

抜を行い、これに合格したものが入学できることになります。

しかし、中高一貫教育などにおける併設・連携中学校からの入

学(内部進学)については、学力検査や内申書による選抜が課

されないこともあります。また通信制高校などの場合、そもそ

も入学者の選抜自体が行われないこともあり、ほとんどの公立

高校では受験時に内申書の提出を求めるようです。
posted by ティーチャーK at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

高校受験 入塾の際のチェック・ポイント

高校受験 入塾の際のチェック・ポイント

高校受験に備え

塾で学力を確実に伸ばすには以下の重要な点があります。

動機付け(学習意欲をかきたてる)

教え方(説明がわかりやすい)

反復練習(テスト類で確認してくれる)

補習(欠席したり理解できなかった時にフォローしてくれる)

上記の最低限の要素を確実に満たしてくれていれば、安心して任せら

れます。

入塾案内等を見る時や体験授業を受ける時の判断材料にしましょう。
posted by ティーチャーK at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

高校受験の塾選び

高校受験の塾選び

高校受験の塾選びには、入塾体験を利用するのもいいでしょう。

肝心なのは実際に指導する講師の資質です。最近はどこの塾でも

体験授業を行っていますから、必ず入塾前に体験しておきましょう。

これは絶対に行うべきです。どんなに良い謳い文句があっても、

実際の授業がどうかを確かめておきましょう。

そして、授業(できたら複数の授業)を受けてみて、その上で、

担当予定の講師との面談を希望してみましょう。大手塾では、

いい先生は上位クラスの担当と決まっています。体験授業の先生と

実際に自分が指導を受ける先生が違っていたのでは、意味がありません。

また、何でもオープンにしている塾は信頼できるでしょう。

クラスや講師によって指導力の格差がある塾は、全ての授業を公開は

しませんし、保護者と面接する講師も限定してきます。

そのあたりは、容赦せず厳しくチェックすべきポイントです。

保護者の授業参観を希望してみるのも手です。

実際に見にいかなくても、快く承知してくれる塾とそうでない塾

とでは、授業の質に対する自信の程が伺えます。授業に自信があ

れば、相手が生徒であろうと親であろうと、堂々と公開している

はずです。

これなどは、電話一本で塾の質を見極める秘策です。
posted by ティーチャーK at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。